二宮、ジャニーズ事務所内のアノ人物に「微妙な空気を感じてる」一緒に“お話し”は「もう恐らくない」

投稿日:2021/10/04 11:21 更新日:

嵐の二宮和也さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。10月3日の放送では、二宮さんがジャニーズ事務所の同い年の後輩との関係について語る場面がありました。

二宮和也

■二宮、ジャニーズ事務所内のアノ人物に「微妙な空気を感じてる」

今回の番組では、リスナーからKAT-TUNの上田竜也さんとの交流について質問が届きます。

これに「僕は見るだけ専門なんで」と答えた二宮さん。そして「ちゃんと話したことないんじゃないですか」と言うと「…いや、例えばこういう番組で話そうと思ったら、ずっと話せるんですよ。ただ現場で会って話すぐらいはあるけど…」と上田さんとはそれ以上の交流が無い様子をみせます。

そんな中、二宮さんは「中丸(雄一)くん、上田くん、丸(関ジャニ∞・丸山隆平さん)とかは同い年なんですよ、俺。だから微妙な空気は流れてますよね」と吐露すると「あっ、でもここの世代はあんまり無いのかな?同年代だからな、みたいなことが全く…だから俺だけかな、微妙な空気を感じてるのは。同年代だから、俺は別に普通に接してもらってもいいんだけど、やっぱ社歴が適応されるんだね、そう考えると…この時代は」とコメント。

どうやら二宮さんは、ジャニーズ事務所に中丸さん・上田さん・丸山さんより一足先に入所していることから、同い年であってもどうしても先輩・後輩感が出てしまうようでした。

■二宮、一緒に"お話し"は「もう恐らくない」

そのことから「同い年だから一緒にお話みたいなことしようねっていうのは、もう恐らくないね」と見通す二宮さん。

そして「今のなんか、どれぐらいなんだろう?22、23、24、25、26の子たちが同い年で、年下だからとかっていう事の方が強いのかな?どうなんだろう?基本は、でも社歴だと思うんだけどな」と二宮さんより若い世代のジャニーズグループの先輩・後輩関係について考えます。

とはいえ「相談もしづらくないですか?なんか同い年の人に人生の相談とか難しいですよね。もっと2個3個上とかだったら、こっちの設定もちゃんと後輩として設定して話せるじゃない。でもさ、同い年にさ『これからどうやって生きていけばいいんですかね』とか聞く後輩も、なんか聞いていいのかなみたいなさ」とコメント。

実際のところ、二宮さん的には相談する側もされる側も同い年ではない方が良いと考えているようです。

本来なら同い年は共感し合えることが多いものですが、上田さんとは先輩・後輩感がつい出てしまうことから「だからそんな話したことがないんだよ、きっとね」と語りました。

■リスナーから「同世代感ない」の声

この話にネット上では「上田くん見るだけ専門www」「確かに中丸くんも上田くんも先輩たててる感あるなぁ」「確かに中丸くん上田くんまるの83年組とは同年代感無いよね」「中丸くん、上田くんが同い年…不思議だなー年下後輩感あるよね」といった声があがっていました。

上田さんについて「見るだけ専門」という二宮さんの発言は、インパクトあるがあり、面白かったですね。

リスナーの中には、二宮さんと中丸さん、上田さん、丸山さんが同い年であったことに驚かれた方もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
BAY STORM
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20211003220000
(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.