「なんならなりたい顔1位っしょ!」ドラマ『高嶺の花』で石原さとみの名台詞が誕生!

更新日:

日本テレビ系新水曜ドラマ『高嶺の花』の第一話が11日に放送されました。そこで、主演の石原さとみさんのある台詞が視聴者の中で話題となっています。

「石原さとみ 「なんならなりたい顔1位だっつーの!」 まさかのご本人の口からのセリフにうなずくばかりでございますよ庶民は。」

「なりたい顔1位に 「なんならなりたい顔1位でしょ」 と言わせた脚本」

「石原さとみが「学年4位なわけないだろ、なんなら一番なりたい顔だろ」って自分で言っちゃうの最高すぎる(笑)」

「なりたい顔1位っしょ!」という台詞が視聴者の反響を呼んだようです。

「学年で4番目って⋯⋯なんなら『なりたい顔』1位っしょ!」の名言誕生

「【よる10時】「#高嶺の花」 もも(#石原さとみ)は美しく才能豊かな華道界の令嬢。婚約者に裏切られ傷心の日々に、偶然出会った下町の自転車店主・直人(#峯田和伸)と、まさかの恋に落ちていく…!?」

石原さとみさん演じる、主役のももは華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。
完璧な女性であるももは、三浦貴大さん演じる愛する恋人・吉池との結婚を控えていました。ところが、式当日に吉池が別の女性を妊娠させていたことが発覚。結婚は破断に。

「『#高嶺の花』第1話冒頭で、もも(#石原さとみ)が吉池(#三浦貴大)に行った公園です。広くて外国みたいな雰囲気でした!遠くに小さくストーカーの⁉︎ももさんがいます。後ろには警官が。。。」

精神的に不安定になってしまったももは、吉池に対するつきまとい行為までするようになります。ある日、自転車に乗っていたときに、激しく転んでしまったもも。古ぼけた自転車店に入り、峯田和伸さん演じる店主の風間直人に大破した自転車を押し付けます。泥だらけのももは、汚れた服の着替えまで要求しますが、直人は高飛車なももの願いを快く引き受けました。直人に借りた服を返すために、ももが自転車店を後日訪れると、直人の同級生・幸平(袴田吉彦さん)、太郎(吉田ウーロン太さん)から「学年で4番目くらい」と容姿のことに関して言われてしまいます。憤慨したももは、帰りの車の中で運転手・高井(升毅さん)に「学年で4番目って⋯⋯何なら『なりたい顔』1位っしょ!」と発言。名言が誕生し、視聴者には大好評となりました。

「なりたい顔」三年連続1位で殿堂入りした石原さとみが言ってる脚本、最高。

「クラスで1番だけど学年では4番目の可愛さって、どんな学校だよ!と思ったけど「学年で4番目ってwなんならなりたい顔1位っしょ!え、ワンチャンねぇから!お前らにワンチャンなんかあるわけねぇっつうの!」って三年連続”美的”のなりたい顔1位で殿堂入りした石原さとみが言ってる脚本、最高。」

女性向けファッション雑誌・美的の読者が選ぶ「2017美的ベストコスメ大賞」では、なりたい顔・憧れる女性「美的ベストビューティウーマン」に、三年連続で石原さとみさんが1位に選ばれました。そんな石原さとみさんが言った台詞だったからこそ、名台詞になったのでしょうね。

「視聴率 11.1%。約10人に1人が見ていたのか?」

『高嶺の花』の初回の視聴率は二桁と好スタート。第二話では、ももがキャバクラ嬢になるシーンも見られるようです。これからも『高嶺の花』から目が離せませんね!

(文:大久保舞)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.