乙武洋匡「松本さんが肩を組んでくれた」義足で歩く姿に感動の声♡ワイドナショーが話題

更新日:

フジテレビの人気情報番組「ワイドナショー」が11月18日に放送。この日は、「五体不満足」などの著書で知られる乙武洋匡さんが、36年ぶりとなる義足に再チャレンジする様子が放送され、努力の成果もあり、乙武さんが歩く姿を感動を呼ぶことになりました。

乙武洋匡が36年ぶり義足に再チャレンジ!

ベストセラー「五体不満足」などの著書で知られる乙武洋匡さんは、移動の際は電動車椅子を使用しています。実は、乙武さんは5歳や6歳時には義足や義手にチャレンジしたこともあったそうですが、上手くいかなかったこともありその時は断念することを決断。それから月日が経ち、18日の「ワイドナショー」で、36年ぶり義足に再チャレンジする様子が放送されました。いきなり通常の義足を付けると大変なので、まずは、短い長さの義足から初めて、少しずつ義足に慣れるための訓練を開始する乙武さん。車椅子から二足歩行に変わるので、「違和感はある」と語るものの、短い義足では歩けるようになりトレーニングの成果を見せます。自身のインスタグラムでは「#肩を組んでくれた」とハッシュタグをつけられ、感動の様子がうかがえます。

モーター搭載の最新の義足にチャレンジ!

今回乙武さんがチャレンジすることになった義足はモーター搭載の最新モデル。何が凄いかという、これまで難しかった膝の曲げ伸ばしができる点。膝の曲げ伸ばしができるものの、この義足は1足10キロということもあり、重量が一気に増して、乙武さんも義足に慣れるに苦労することになります。乙武さんは、一時期は「絶対に無理だろと思った」とコメント。それでも、努力を重ねた乙武さんは、両足に義足を履いた状態で2足歩行で7m30cm歩くことに成功します。ちなみに、乙武さんは「これ(義足)を履いて変装して週刊誌の目を欺く」と自虐的なコメントでスタジオを感動と共に笑いを誘っていました。

義足で東京五輪の聖火ランナーを目指すことを宣言した乙武洋匡

将来的な目標は、義足を履いて2020年の東京五輪の聖火ランナーに挑戦したいと語る乙武さん。ちなみに、聖火ランナーの走行距離は200メートルなので、「あと193メートルです。やりたいですけどね」と意欲を示していました。番組の最後では、乙武さんはスタジオで義足を履いて、松本人志さんと肩を組み2ショットを披露。乙武さんと肩を組むことになった松本さんも、「ちょっと、感動する」とコメント。他にも、「乙武さんの体温が初めて伝わってきた」と語るなど、ジーンときた様子の松本さんは、最後は「いつか2人で歩いて風俗行きましょう。」とスタジオを笑いに包み込み、この日の放送は終了することになりました。

東京五輪の聖火ランナーを目指す

乙武さんの義足にチャレンジする姿を見た人からも、「乙武さんの義足感動してしまった」などのコメントが寄せられて、視聴者からも反響が寄せられています。ちなみに、今回のモーター搭載の義足は AI技術を駆使した最新のモデルで、膝の曲げ伸ばしができることもあり、慣れるのは大変だけど、階段の上り下りもできるとのこと。ただし、現状は乙武さんも話すように、立っているのが精一杯で二足歩行できる距離も非常に短いので、聖火ランナーをやるには課題も多いのは事実です。それでも、前向きな乙武さんが東京五輪の聖火ランナーをする姿に期待したいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.