NGT山口さん暴行事件でジャニーズファン「この機会にきちんと」騒がれ方の男女格差を嘆く

更新日:

AKB48の姉妹グループNGT48のメンバーである山口真帆さんの自宅に男が侵入し暴行した事件で、48グループのファンだけでなく、ジャニーズのファンからも様々な声が上がっています。

自宅に男が侵入 情報をもらしたのはまさかのメンバーだった

事件概要を簡単に纏めると、NGT48の山口真帆さんが、自宅に押し掛けたファンから暴行を受ける事件が発生。本人の勇気ある告白によって明かされたその内容は、想像を絶するものでした。加害者に山口さん宅の場所や帰宅時間を教えたのは複数のNGTメンバーだという告発は、単なるストーカー暴行事件としてではなく、グループメンバーのなかに彼女を陥れようとした人物が居るという闇深さが話題になりました。

「対策が"防犯ベル"」運営の対応に疑問の声多数

さらに、運営側は、山口さんがTwitterで事件の事を明かすまで、1ヶ月近く事実を隠蔽。先日発表された謝罪文でも「自宅巡回を強化します」「メンバー全員に防犯ベルを配りました」と、とても充分とは言えない対策ばかりで、これに対しファンからは、「ファンの男が侵入してきてる時点で防犯ベルなんか鳴らせるかよ」「なんだそれ」と、疑問の声が相次ぎました。

ジャニーズファン「女性だと警察も動くの?」

そして、この問題の反響は女性アイドル界隈だけにとどまらず、ジャニーズファンの間でも議論の対象になっているようです。先日、本人自ら被害を訴えて話題になった関ジャニ∞の大倉忠義さんについて、ファンからは、「女性アイドルだとここまでニュースになって警察も動くのに、大倉くんの件は何にも(動きが)ないなんておかしい」「ジャニーズ事務所もちゃんと動くべきなのでは?」といった声が上がっていました。もっとも、大倉さん本人も「(女性に対する)男性のストーカーならすぐ警察も動くのに」と現状を嘆いていた程です。

危機管理の本格化求められる

NGTの山口さんも関ジャニの大倉さんも「(ファンは)いい人がいっぱいいる」という前提のもと問題行動を起こす本当に一部のファンのためだけに、ここまで追い詰められる現状をなんとかしたいと考えているようです。NGTの問題は仲間内でのトラブルも起因しているようですので大倉さんの問題とは根本的なところが違うようですが、いずれにしてもアイドルは人々を熱狂させる反面危険人物が発生してしまうリスクは内外を問わずに高く、アイドルを危険から守るための対策について本格化が求められているのかもしれません。(ライター:中島華)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.