書籍『DVはなおる 続』が発売 DV・モラハラの被害者・加害者20名が綴る“回復への道のり”

更新日:

日本家族再生センターは、男女当事者あわせて約20名の生の声と、加害者・被害者双方に寄り添ってきた支援者の経験が詰まった一冊『DVはなおる 続 被害・加害当事者が語る「傷つけない支援」』を発売しました。

彼ら彼女らを、どこか遠い世界の、自分とは違った生き物だと思っている方にこそ読んでいただきたい一冊です。

DV・モラハラの加害者は決して得体の知れないモンスターではなく、悩みを抱えた普通の人。ともすれば「人を見る目がなかった」などと言われてしまう被害者にも、それぞれの事情や、望む未来があるのです。

内容紹介

【I章 DV・家族問題 日本家族再生センターの支援とは 味沢道明】
・DVとは何か? ― その背景にあること
・DVは「なおる」!? ― 適切な援助による「回復」のステップアップ
・日本家族再生センターの複合的支援
・「回復」の要、カウンセリング数が物語るもの 家族の変化に応じて悩みや困難の質も内容も変わる

【II章 「回復」と「再生」の物語 ― 被害・加害当事者より】
・体験漫画 「本当の「幸せ」を見つけるために」 作・画 もりこ
・体験談(1)~(17) 当事者男女
・体験談(18)「元モラハラ夫の私が、支援者になるまで」 メンズカウンセラー 中村カズノリ

【III章 当事者にやさしくない女性支援 ― メンズカウンセリング講座の語りから】
・「傷つけない支援」を学ぶ

生々しく突き刺さる、当事者の体験

DVやモラハラを受けた・してしまったという状況から、様々な支援を受けて回復していく当事者の体験談は時に読者の心に突き刺さってくることかと思います。

ですがその体験の中には、人間としての当たり前の感情があふれています。

DVを受けてシェルターに駆け込んだ男性・女性…

DVをしてしまい、子供と突然会えなくなってしまった事に落胆する男性…

モラハラ加害者の元夫と、子どもの共同養育を選択する女性等々…

これらの体験は、当事者の気持ちを知るということ以上に
あなたがDVやモラハラという問題を起こさない、または起きてしまった時の助けとなる事でしょう。

同書の一部を無料公開中

II章体験談(18)「元モラハラ夫の私が、支援者になるまで」の全編20ページに総ページ数の都合でカットせざるを得なかった約40ページを加え、更に加筆修正を加えた、計60ページ分を「完全版」として以下のURLにて無料公開中です。

https://note.mu/nkmr_kznr/n/n349c268b1554

書籍概要

タイトル: 『DVはなおる 続 被害・加害当事者が語る「傷つけない支援」』
著者  : 味沢道明・中村カズノリ、他 著 日本家族再生センター 編
価格  : 定価2,160円(税込)
ISBN-10 : 4880493317
ISBN-13 : 978-4880493312
単行本 : 254ページ
出版社 : ジャパンマシニスト社
取扱店 : 全国の主要書店、Amazonなどのオンラインにて発売

著者プロフィール紹介

【味沢道明 (あじさわ・みちあき)】
日本家族再生センター所長、メンズカウンセリング協会理事、メンズサポートルーム京都代表。
サラリーマン生活を10年でギブアップし、料理教室のかたわら、日本の男性運動をリード。
男の悩みから、加害者の脱暴力支援を開始。
現在は加害・被害、性別、年齢に関わらず、DVやモラハラをはじめ、家族問題の当事者のためのサポートを提供。
著書に『DVは なおる』
『殴るな! 男のための脱暴力支援 ― メンズカウンセリングの提言』他。

【中村カズノリ (なかむら・かずのり)】
Web系開発エンジニアの傍ら、味沢の下でメンズカウンセリングを学び、2016年より開業、カウンセリング業務を開始。
当事者(モラハラの加害者)として得た経験をもとに、加害者にも被害者にもカウンセリングを中心とした支援を行う。
DVやモラハラの他、ブラック会社や人間関係等の相談も請け負う。

日本家族再生センター概要

代表者  : 味沢 道明
所在地  : 京都府京都市山科区御陵大津畑町38-3
設立   : 2003年4月
事業内容 : 家族問題に対する相談事業・支援事業など
資本金  : 300万円

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.