丸山桂里奈「うどんは二度死ぬ」食べ方のこだわりが武井壮"猛獣の倒し方"と同じ?「さんま御殿」が話題

更新日:

19日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に元女子サッカー選手でタレントの丸山桂里奈さんが出演し、料理人にまつわる持論を展開。食にまつわる壮絶バトルを繰り広げ、大きな話題となりました。

「刈り上げている人の方が絶対美味しい料理を作る」持論にスタジオ困惑?

自らを“食のこだわり派”だと自負する丸山さんは、「外食を食べに行ったときに、料理人さんが刈り上げてる人のほうが美味しい」と断言。共演者たちからは「どういうこと!?」「そんなワケあるか!?」と困惑を招いた様子。さらに、丸山さんは、「これは私が何回も食べに行って、自分が取ってる統計学」と説明し、もともとそうした人に対しては良いイメージは持っているそうで、「刈り上げている人のほうが絶対美味しい料理を作るんです!」と繰り返し熱弁。

意外と賛同者が多い「刈り上げ説」

また「刈り上げていない人も、刈り上げたらもっと料理が美味しくなる」と持論を展開。すると、料理研究家の浜内千波さんが、料理の味を成り立たせている要因は「美味しさが半分、雰囲気が半分」と解説。「おもてなしの気持ちが美味しいお店を作る」と丸山さんの理論に補足説明を加えながらも丸山さんに賛同。さらに、女優の我妻三輪子さんも「以前、旦那さんが料理人をしていたときに刈り上げてた」と実例を挙げ、に信ぴょう性が増してきたところに、タレントの滝沢カレンさんが「絶対そうだと思う」と割って賛同し、“刈り上げ説”について話が盛り上がりました。

「うどんは二度死ぬ」謎発言連発にスタジオ爆笑

丸山さんは他にも、「うどんを切る人にイラっとする」と言及。共演者たちが困惑していると、うどんを箸や口で噛み切って食べる人が信じられないと説明し、「うどんが長く作られている意味を考えてほしい」とヒートアップ。「茹でられて死んで噛んだ時に死ぬから二度死ぬんですよ」と謎めいた発言に、一同はあ然。、さんまさんからは、噛み切るくとを"死ぬ"とするならば、うどんを作る工程で延ばしたりこねたり「もっと死んでる」と突っ込まれると「茹でられる前のことはどうでもいいんです。(食べる時に)うどんを死なせたくない」とし、たこ焼きなども一口で食べることを自ら課していると明かしました。さらに、「チュロスはどうするか」聞かれると「真ん中でぶった切って食べますよ」と、なぜがチュロスには乱暴な様子。スタジオから爆笑が巻き起こり、他の出演者から次々とほかの料理はどう食べるか質問が続き、丸山さんが全てに答えていくと、よゐこ・濱口さんから「段々、武井壮みたくなってきてる」と、武井壮さんが動物の倒し方を披露するときのような流れになっていることを突っ込まれました。

滝沢カレンとの掛け合わせは"最強"?

ネット上では「丸山桂里奈に同感!間違ってない」「現役時代はこんな面白い人って知らなかった」「滝沢カレンと丸山桂里奈は最強コンビ」などの賞賛の声があがりました。天然キャラとして人気の滝沢カレンさんとの掛け合いも評判だったようです。元なでしこジャパンのプレイヤーから芸能界に転身を遂げた丸山さんの人気ぶりは、引っ張りだこ状態。常々飛び出す仰天発言は、大きな話題となって注目を集めています。“ぶっちゃけキャラ”に相応しい丸山さんの活躍を今後も応援していきたいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.