堂本光一「 西野カナのトリセツみたいな女性はめんどくさい」論を再加熱させるも全てがトラップであることに気がつく?

更新日:

毎週月曜日深夜24:15ごろから放送されている「KinKi Kidsどんなもんヤ!」。4月8日に放送された光一さんがパーソナリティをつとめる回で、まんまとスタッフのトラップに引っかかる一幕がありファンから歓喜の声があがっていました。

収録時はまだ年末?「もうちょっと遅かったら剛くんが40になってたのに!」

光一さんは、舞台の影響もあり、ラジオの放送に影響が出ないようにたくさんまとめ撮りしているようで、収録時は、まだ年明け前のようでした。光一さんは誕生日が1月1日のため、この収録時はまだ「39歳」。そこでこの収録分の放送が4月8日だと知った光一さんは、「もうちょっとこの放送が遅ければ、剛くんの方が先に40歳になっているっていう面白い現象になったのに!」と語りました。剛さんのお誕生日は4月10日、放送の2日後です。

また、リスナーから届いた年末のFNSでの収録についてのメッセージを読むと、「(放送は)もう4月やで!このメッセージを選ぶ方も選ぶ方でしょ!」とツッコミを入れ、「タイムマシン的な感じでこの番組を感じていただければ…」と笑いを誘っていました。

剛さんの話題が上がったこともありファンからは「39歳の光ちゃんの声を聴く剛くんラスト39歳の朝は最高ですね?」「良くわからんが光ちゃんがちゃんと計算してくれてる!愉快なタイムマシーン現象だ」「39歳って強調してるの可愛いしつおしくん言ってるのも可愛いしタイムマシンって発想が可愛すぎてしんどい」と喜びの声が上がっていました。

西野カナ「トリセツ」みたいな女性はめんどくさい?

番組冒頭に読まれるのは「なんでもこいやのフツオタ美人」(=フツオタ)という普通のメールを紹介するコーナー。先ほどのメッセージの後は、たびたび登場する西野カナさんの「トリセツ」の話題が。ファンの中では有名ですが、光一さんは以前からこの歌詞について「めんどくさい!」と非難ごうごうだったのです。決して西野カナさんに文句があるわけでなく、歌詞自体は女性を上手く表していて素晴らしいと思うけれど、だけどとにかくこんな女性は面倒くさいということだそう。また良く聞いているという「自然音(川の流れや雨の音など)」についての話題も上がっていました。

「フツオタ」コーナーが終了し、続いては「光一のオレファン!」のコーナー。こちらは光一さんが愛してやまないF1や車に関してのメッセージを紹介するコーナーで、光一さんの深すぎるF1の知識と愛ゆえに、たびたびファンが置いてきぼりになってしまうこのコーナー。

そこでハッと気が付いた光一さん。「分かりましたよ!『フツオタ美人』、2つ分でも結構十分話したのに、なんで4つも読んだのかと思ったら『オレファン!』(のコーナーを短くしてほしい)だからだ!」とスタッフにクレーム。

全ては仕組まれていた?「光ちゃんが可愛い」とファン歓喜

スタッフは、なるべく短い尺でこのコーナーをまとめてもらおうと画策したようで、冒頭の西野カナさんの「トリセツ」の話題も、できるだけ光一さんが食いつきそうなネタをスタッフが用意したのかもしれません。光一さんは、「なぜ普通のメールを4つも読ませたん!なぜこのコーナーを短くしようとしたん!」と不満が止まらない様子。これにはスタッフも大爆笑。ファンも「フツオタ4枚読んで自分のコーナー短くされるトラップに気づき怒る光ちゃんが可愛い。」「オレファンの前にメール4通も読まされ残り時間が削られオコな光一さんwwww」と楽しそうでした。

とはいえ、実はF1の人気は最近回復傾向だとのことで、サーキットなどに行って16万人ぐらい入っていることもあるらしく、こんなにファンていたの!?と光一さんもびっくりするそうです。「できれば地上波で放送したりしてほしいなぁともっとF1に興味を持つ方が多くなれば嬉しい」と語りました。そして、「この番組で公開収録したとして16万人きますか?絶対この番組よりF1ファンの方が多いってことや!」と熱く語っていました。これからもっとF1人気が広がるといいですね!
(文:KinKiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.