勝地涼「もっとバカでいいんだよ、はじけろって言われて」役者人生の転機になった古田新太の金言を明かす!

更新日:

11月21日放送の「人生最高レストラン」(TBSテレビ系)では、俳優の勝地涼さんがゲストで登場。勝地さんが古田新太さんからもらった金言について語り話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■勝地涼が「人生最高レストラン」に登場

今回の番組では、元々ジャニーズに憧れていたためジャニーズJr.に応募するも落選したことがあると明かした勝地さん。

しかし、勝地さんにも芸能界に入る契機が。それが中学1年生の頃に母親が経営する花屋で、憧れていたKinKi Kidsの堂本光一さんと瀬戸朝香さんが共演するドラマの撮影が行われた時のことだったということです。

その時、勝地さんは「光一くん生で見たいから」と店の中から撮影の様子を見ていたとのこと。すると、マネージャーらしき人が自分の方をチラチラと見ていることに気づいた勝地さんは「ここだったんだ俺!ここでスカウトされるのが俺の運命」と運命的なものを感じたと言います。

■勝地涼、俳優としてのキャリアをスタート!

後日、現在の事務所から正式にスカウトの話がきて勝地さんは俳優としてのキャリアをスタートさせました。

勝地さんは社長に会いに行った時「『オーディションじゃないけどこの台本ちょっとやってみて』って言われて、ドラマのセリフやったりとかして『ああ、いいじゃない』みたいな…。『じゃ、ちょっと次は歌、歌ってもらえる?』っつって、その時に歌ったのがKinKi Kidsさんの『フラワー』」と歌も披露したとのこと。

しかし、勝地さんの歌を聴いた社長から 「う~ん、歌はないね」とハッキリ言われたそうで、勝地さんは「俺、歌下手なんだって思って」とこの時に歌の方のセンスがないと気づいたと語っていました。

■勝地涼「もっとバカでいいんだよ、はじけろって言われて」役者人生の転機になった古田新太の金言を明かす!

現在では売れっ子になった勝地さんがこれまでお世話になった先輩として名前をあげたのは古田新太さん。

古田さんと出会った当時、勝地さんは「ちょっと恥ずかしいんですけど、僕、やっぱジャニーズ入りたかったっていうのもありますし、まあ その 役者になってからも、二枚目役者だと思ってたんですよね、恥ずかしながら…。いや、何か違うっぽくてどうやら」とチヤホヤされたいという願望があったと赤裸々に告白。

続けて、勝地さんは「その時に古田さんに言われたのが『お前は思ってる以上にバカ』だと、それが実は魅力だから自分でこう作っちゃってないかと限界を。『もっとバカでいいんだよ、はじけろ』って言われて…。そこから今の僕の役者人生がもっと開いていったっていうか」と古田さんのかけられた言葉が役者人生の転機になったことを明かしました。

■「あまちゃん」前髪クネ男、誕生秘話を明かす!

また、勝地さんはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で前髪クネ男を演じた際の思い出を回顧します。この時、共演した古田さんの前でト書き通りに演技すると、古田さんに「ああ、つまんねえな。そんなんじゃ全然面白くない」とダメ出しされたそうです。

その上で、古田さんは「腰動かすんだったらクネクネすんじゃなくて前一本にしろ、前へずっと腰振れ」と演技のアドバイスまでくれたとのこと。

その後、古田さんと飲みにいった時も前髪クネ男のことが話題になり、古田さんは帰り際のタクシー乗る瞬間「お前は今日、NHKに爪痕を残した」という言葉を残して立ち去ります。

すると、その言葉通り、前髪クネ男の反響は大きく、勝地さんの事務所のサーバーがパンクする程アクセスが集中する出来事となりました。

今回の放送について、ネット上では「前髪クネ男、久しぶりでも破壊力抜群。勝地さんに『お前は今日NHKに爪痕を残した』と言って立ち去った古田さんもカッコイイ」「古田新太のアドバイスで腰を前に振り、朝ドラに爪痕残した勝地涼。何年経ってもキャラつえー」などのコメントが上がっています。

今回は勝地さんが明かした古田さんのアドバイスが素敵でしたね。

また、前髪クネ男のキャラ誕生の話は貴重だったのではないでしょうか。

【番組情報】
人生最高レストラン
https://tver.jp/episode/79152032

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.