「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」が累計観客動員1000万人を突破!

更新日:

12月22日(土)に全国で公開しました、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。公開から、初動(公開3日間)成績最高記録、10億円突破最速記録、正月3が日成績最高記録と、冬の仮面ライダー映画シリーズの様々な記録を更新しており、現在の興行成績は14.5億円(1/21現在)と、15億円突破も目前となっております。

そして、観客動員でも1/21迄で119万人を記録しており、2009年からスタートした”冬の仮面ライダー映画シリーズ”全体の累計観客動員がなんと1000万人を突破しました!

2009年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦 2010」からスタートした、「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ。以降、毎年12月に冬休み映画の恒例作品として公開され続け、2016年からは「平成ジェネレーションズ」シリーズに名を改めて、その人気を不動のものとしてきました。今回の「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は』冬の仮面ライダー映画シリーズ10作目、且つ平成最後の仮面ライダー映画と、節目のタイミングである中で、遂に大台へ到達致しました!

先日、全国5都市で実施された応援上映でも、大きな盛り上がりを見せ、まさに平成仮面ライダーの集大成となっている『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。テレビ朝日系にて毎週日曜午前9時から放送中の「仮面ライダージオウ」も年明けから、3人目の仮面ライダー、仮面ライダーウォズや未来の仮面ライダーである仮面ライダーシノビ、仮面ライダークイズの登場で加速度的に盛り上がりを見せ、さらには2月3日放送の第21話、2月10日放送の第22話に「仮面ライダー龍騎」オリジナルキャストの須賀貴匡と津田寛治が当時の役柄で出演することが発表され、大きな話題を集めており、平成仮面ライダー20作品記念作にふさわしく、目が離せない展開となっております。テレビシリーズでも、映画でも、平成最後の年、そしてその次の時代に向けて仮面ライダーはまだまだ走り続けます!

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.