W杯裏話暴露で真っ向対立?槙野「本田選手を監督と」発言に岡崎が苦言を呈す「グッとスポーツ」が話題

更新日:

12月25日に『グッと!スポーツ「2018 アスリートが選んだ名場面」』が放送され、サッカー日本代表の槙野智章選手が出演しました。番組で槙野選手は、ロシアで開かれたW杯の裏話として、試合で指揮を執っていたのは、本田圭佑選手だったと明かしますが、これに対して同じく日本代表としてW杯に出場した岡崎慎司選手が異論を唱え話題を集めています。

槙野智章がW杯の裏話を明かす

サッカー日本代表のDF槙野智章選手が、25日に『グッと!スポーツ「2018 アスリートが選んだ名場面」』に出演。この番組で、槙野選手は選手として出場したW杯の裏話を披露。槙野選手は、細い指示を与えて選手を管理したがるハリルホジッチさんと比較して、W杯で指揮を執った西野朗さんは「選手に何もしなかった」と監督による哲学の違いについてコメント。何もしなかったというよりも選手の自主性を尊重するのが西野さんのスタイルを端的に説明したようです。

本田選手に「監督」と声をかけた

槙野選手は他にも、W杯前に停滞していたチームの雰囲気を変えるマネジメントとして、「選手が主導権を握るミーティングやロッカールームの環境を作った」ともコメント。細かい指示を与えず、選手の自主性を重視したスタイルが停滞していたチームの流れを変えたとのこと。試合で指示を出していたのは誰なのかという話に移ると槙野選手は、「本田選手です」と明言。実際にセネガル戦での乾貴士選手のゴールを例に出し、柴崎岳のロングパスを「ここでボールをもらえ」という本田選手の指示を紹介。その予言がはまり、本田選手からの指示から2分後に乾選手のゴールが決まることになります。この試合でベンチにいた槙野選手は、本田選手のことを「監督」と声をかけたというエピソードも明かしています。

セネガルの負けは「オーロラビジョンに映し出されたサポーターのスマホの画面で知った」

槙野選手は、負けているにもかかわらず時間稼ぎをした1次リーグのポーランド戦についても言及。あの試合では、監督のからの指示を全員に伝えきれなかったことでピッチに立っていた選手たちも混乱したのこと。西野さん自身も点を取りに行くべきか、そうでないか、相当に悩んでいたことを明かします。1次リーグ突破のライバルとなるセネガルが負けていたことは、試合会場のオーロラビジョンに映し出されたサポーターのスマホの画面で知ったそうです。批判されたものの、セネガルが敗れたこともあり日本代表は決勝トーナメントに進出。その翌日、ミーティングで、ポーランド戦での指示について西野さんは選手全員の前で謝罪。この時、キャプテンの長谷部誠選手が、「監督の指示は素晴らしかった、おかげでトーナメントに進めました。3試合の中での結果だから、これは素晴らし作戦だった」と選手全員の前で伝えたそうです。監督と選手の絆を感じさせるエピソード言えますね。

岡崎慎司が槙野のコメントに反論

槙野選手はトークが上手いこともあり番組は盛り上がりを見せて終了。けれども、槙野選手のコメントに対して、同じくW杯に出場した岡崎慎司選手が反論を展開します。岡崎選手のツイッターに投稿で「ワールドカップをこんな風に話にされるのは俺は嫌やなー。実際に監督は西野さんだし、圭佑は選手。槙野は好きだけど、話を盛る癖がある。そしてメディアはその面白い所を取り上げる。番組は観てないけど、もっとワールドカップでの重要な話は他にあると思うけどなー」とコメント。岡崎選手によると、監督としてチームを率いたのは西野さんなので、指示を出していたのは本田選手だったと話を盛ったことに、監督へのリスペクトが足りないのではとメディアの対応を含めて否定的なコメントを発表することになりました。

岡崎慎司の反論に様々な意見

放送を見た人からは、岡崎選手に対して「盛っているというより巧く話していると感じました」、「岡崎選手の愛ある指導だと思います」などのコメントが寄せられています。他にも「裏側を知る岡崎さんしかわからない気持ちもあるんですね。」という岡崎選手の気持ちをくみ取るコメントもあります。放送を見ると、バラエティを意識して合間に面白いエピソードを挟むなど、多少は盛っている印象もなくはないですが、選手を信頼してくれる西野さんをリスペクトする槙野選手の気持ちは伝わってきました。また、岡崎選手は放送を見ていないとのことですが、本田選手が指示を出していたという話だけでなく、セネガル戦後の西野さんのミーティング話を含めて槙野選手の話に耳を傾けるとまた違う印象を持つのかもしれません。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.