後藤真希「目も見なかった」安倍なつみと“犬猿の仲”暴露 人気絶頂期に同棲など“ハシゴ酒”が話題♡

更新日:

元モーニング娘。のメンバーでタレントの後藤真希さんが19日、フジテレビ系トークバラエティー『ダウンタウンなう』に出演。本音連発の“ハシゴ酒”に、卒業から15年経ったモーニング娘。の絶対的エースがアイドル時代の恋愛やメンバーとの関係を赤裸々に語り話題となっています。

画像は番組公式Twitterより

“10年に1人の逸材”と言われた後藤さん

後藤さんは、プロデューサーのつんく♂さんに“10年に1人の逸材”として見いだされ、1999年にモーニング娘。に加入しました。わずか13歳の若さで3期メンバーとして加入し、初参加曲「LOVEマシーン」でいきなりセンターに抜擢。同曲がモー娘。初のミリオンヒットを記録するなど、後藤さんの加入によってグループの人気を牽引していきました。

人気絶頂時に実家で彼氏と同棲していた!

アイドルとして人気絶頂にあった時期に、なんと実家で彼氏と同棲していた爆弾発言が飛び出しました。その理由が「外で(彼氏と)会うのが難しい」といい、そのため「実家の勝手口を使って出入りしてもらって」と明かしました。後藤さんは「うまいことなってたんですよ。大家族なんで、いっぱい出入りがある分…(分かりにくかった)」と、スクープを免れていた秘話を大暴露。思わず共演者も納得するほどでした。さらに後藤さんは、交際半年ほどで「彼と結婚したいから、仕事辞める」と家族に告白。家族の答えは「大反対でしたね」と当時を振り返りました。一度は交際を絶ったものの、6年後に復縁し、めでたく結婚した2人はスマホの暗証番号まで一緒だというほどのアツアツぶりを披露してくれました。

垣根を超えたファンとの交流に共演者が愕然

後藤さんは、トップアイドル時代になんとファンとプライベートで遊んでいたという逸話まで激白。実家が居酒屋ということもあって、飲みに来ていたファンがお客さんとして来店し、後藤さんの家族ぐるみで仲良くなったそうです。しかも爆発的な人気を誇った「LOVEマシーン」の頃からだというから一同が愕然。「ドライブしたり、ゲーセン行ったり、カラオケ行ったり…」とまさに“お友達”といったことを、男女分け隔てなく垣根を超えて楽しんでいたようでネットでは「羨ましい」といった声が上がっていました♡

“犬猿の仲”と噂されていたなっちとの関係を激白!

同じくメンバー内のエースとして活躍していた、安倍なつみさんとの不仲説にまで言及しました。モーニング娘。の2大巨頭として活躍していた2人の熾烈なライバル関係が当時から噂されていたようです。やはり噂は、その通り!グループのダンスプロデューサーを務める夏まゆみさんの証言によると、モーニング娘。誕生10周年記念隊というユニットでツアーを回った時、2人のナンバーがあったそうです。ですが、後藤さんと安倍さんの息が全く合わず目さえも見なかったらしいのです。夏さんは、良からぬ事態にそれぞれを呼び出して仲を取り持ったと言います。一番大変な時期だったと苦悩を呈した夏さんに、後藤さんも同感だったようで、“犬猿の仲”であったことをあっさり認めました。

現在は2歳の長女と1歳の長男の2児の母である後藤さんは、子育てに日々奮闘中。元トップアイドルらしさを表に出さず、庶民的なところに共感が持てました♡33歳とは思えぬ若さと美貌が溢れた後藤さんのこれからの活躍に注目です。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.