遠藤憲一さん 大物監督の首を絞めて仕事ゲット?都市伝説の真実を暴露

更新日:

2018年10月12日、日本テレビ「スッキリ!」の特集で中島健人さん主演ドラマ「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」出演の中島健人さん、遠藤憲一さんが出演し、その中で紹介された『遠藤憲一伝説』が話題を呼んでいます。

こんな強面の俳優さんに凄まれたら怖いかも?
画像は「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」公式Twitterの動画スクリーンショット

気になる『遠藤憲一伝説』とは…

番組内で遠藤憲一さんは、「東映Vシネマ時代に大物監督の首を絞めて仕事をゲットした」のではないかという都市伝説について質問を受けました。この話題が出た瞬間、遠藤憲一さんはタジタジの様子。「着信アリ」や「クローズZERO ll」など、他にも様々な代表作を監督している三池崇史監督とのエピソードを明かしました。当時俳優さんたちの間で三池崇史監督の作品がとても面白いと話題になっていましたが、遠藤憲一さんだけは毎年毎年お声が掛からなかったそうです。そんな遠藤憲一さんの頭は三池崇史監督のことで一杯だったそう。そんな折、ある俳優さんの結婚式に呼ばれ偶然その場に三池崇史監督が居たらしく、遠藤憲一さんは思わず三池崇史監督目がけて襟元を掴んで「なんで俺のこと撮らないんだよ!」と言ってしまったそうです。実際には首を絞めたわけではなく、襟元を掴んだという話しでした。

何故か三池崇史監督の膝で膝枕・・・?

襟元を掴んで叫んだ遠藤憲一さんはその後、何故か号泣しながら三池崇史監督の膝枕で寝ていたそうです。結局その後は三池崇史監督の作品に出られたのか?という疑問ですが、三池崇史監督ご本人から直接「作品に出てくれ」とのオファーがあり、作品に出ることが出来たそうです。その後も何度も三池崇史監督の作品に呼んでもらうことが増えたらしく、遠藤憲一さんは「自分自身の演技の表現を解放してくれる。今は恩人です。」と語っていました。番組のMC加藤浩次さんも驚きながら「良かったですね」と感想を述べながら「もしかしたら一生呼んでもらえないかもしれなかった」くらいの“賭け”だったのではと感心していた様子でした。

そんな遠藤憲一さんが出演するドラマはこちら!2018年10月13日土曜日夜10時から日本テレビ新ドラマ、中島健人主演「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」が放送開始となります!

気になった方は是非チェックしてみてくださいね♡

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.