「べしゃり暮らし」第2話が『水ダウ』のあのドッキリと"かぶる"と話題! #デジタルきんぎょ が話題

更新日:

森田まさのりさんの同名人気漫画が連続ドラマ化した「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)第2話が8月3日に放送されました。第2話では、劇中で登場するお笑いコンビ・デジタルきんぎょの関係性が、「水曜日のダウンタウン」で反響の大きかった、おぼん・こぼん師匠の関係性と"かぶる"と話題を集めました。

「べしゃり暮らし」第2話のあらすじ

上妻圭右(間宮祥太朗)と辻本潤(渡辺大知)のお笑いコンビ・きそばATが文化祭で披露したアドリブ漫才は大ウケ、辻本はこのまま圭右とお笑いを続けたいという気持ちが高まります。

しかし、圭右の方はというと、本心ではコンビを続けたいと思いつつも、父・潔(寺島進)がお笑い嫌いという事情もあって、素直にはお笑いをやりたいとは言えない家庭の事情を抱えていました。

そうした圭右に刺激を与えるため、辻本は人気漫才コンビ・デジタルきんぎょと合わせるため、ライブ会場に連れていきますが…。

会話のないお笑いコンビ・デジタルきんぎょが登場

ドラマ劇中に登場して、圭右と辻本の人生に影響を与えるのが金本浩史(駿河太郎)と藤川則夫(尾上寛之)からなるお笑いコンビ・デジタルきんぎょ。デジタルきんぎょ・金本は、圭右が見せたネタの台本に対して、下ネタのオンパレードで自分を客観的に見れてないと手厳しいダメ出しをします。

一方で、金本の相方・藤川は辻元の元相方・鳥谷静代(小芝風花)を呼び寄せます。どうしても、コンビが解散したことが納得できない静代は辻元と漫才を披露することになります。

静代と辻元の漫才を見ながらコンビとしては、うまくいかないと指摘したのが金本。実は、金本は、相方の藤川とは日常会話が全くない状態。構成作家を通じてメッセージのやりとりをするなど、緊張状態が続いている様子。

「仕事以外で藤川の顔なんか見たくない」と言い切る金本。しかし、そうした意地の張り合いの中から、「面白いものができる」と、自分たちはこれでいいと諦めにも似た心境を圭右に告白します。

「水曜日のダウンタウン」おぼん・こぼん師匠と重なる?デジタルきんぎょの関係性

こうしたデジタルきんぎょの関係性を見た人からは、「べしゃり暮らしのデジタルきんぎょはおぼんこぼん状態」「べしゃり暮らし、おぼんこぼん回」「…おぼん…こぼん」などの声があがりました。

関係が悪化して会話のないコンビ・デジタルきんぎょを見て、「水曜のダウンタウン」のおぼん・こぼん師匠にかけたドッキリ企画と"かぶる"と感じた人が多かったようです。

「水曜のダウンタウン」では、「8年間プライベートでは一切口をきかない」というおぼん・こぼん師匠にドッキリを敢行。

解散ドッキリのはずが、ガチの解散話(話し合いの結果、解散は回避)になる衝撃的なVTRが話題になりました。しかし、ドラマの中では、お笑いにまっすぐな圭右の言葉を聞いて、金本の心境にも変化が生まれるところが、2話のハイライトになります。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/episode/61216163

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.