川谷絵音「僕が今まで書いた曲の中で一番美しい歌詞が書けた」新曲が結構やばい

更新日:

ゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音さん率いるバンド「indigo la End」の新曲「蒼糸」が「良すぎる」と話題になっています。ニューアルバム「PULSATE」が2018年7月18日にリリースされリード曲となっています。またMVも公開されています。

「indigo la Endの新曲「蒼糸」MVを公開しました。僕が今まで書いた曲の中で一番美しい歌詞が書けたかなと。」



「蒼糸の歌詞です。「起承転結 3文字目半の糸」という歌詞は起承転結の結という字の糸へんのことで、「糸は吉に絡まるから」という歌詞で結になる。起承転結の結でもあるし、糸結びの結びでもあります。色んな解釈があるとは思いますがそれぞれの解釈で聴いてください。」

「泣きそうになる」「良すぎて息苦しい」歌詞に絶賛の声

さっそく聴いた人たちからは「良すぎ」「マジの天才」「泣きそうになる」など絶賛の声があがっています。特に歌詞が素晴らしく、川谷さんの天才ぶりがよくわかる楽曲となっているようです。

「蒼糸聴いてたらただ電車に乗っててもただ歩いてても泣きそうになる」

「indigo la Endの蒼糸が良すぎて息苦しい。。。」

「Indigo la Endの蒼糸めっちゃ良くないですか?」

「インディゴの蒼糸聴く度川谷絵音ってマジの天才なんだなって思う」

こちらのツイートには川谷さんご本人もリツイートしてました♡たしかにこのフレーズはやばいです!

「indigo la Endの 蒼糸って曲の歌詞なんですけどここやばくないですか」

「indigo la End」のニューアルバム「PULSATE」は2018年7月18日リリース。気になった方はぜひ聴いてみてくださいね。

(文:豊崎ジーン)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.