ヒカキンの自宅にあるソファのお値段は?YouTuberのお仕事に大女優が困惑。

更新日:

2018年3月1日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」でヒカキンさんがVTRで出演し自宅を公開しました。おしゃれな家具に注目が集まるなか、大女優・三田佳子さんを驚愕させる出来事があったようです。

 

セカオワハウスと同じソファがかわいい♡

はじめにリビングを紹介したヒカキンさんは「全部ソファと同じブランドHALOで統一しています。」と言いながらパッチワークがかわいくておしゃれなソファを指し「このソファがすごくお気に入りなんですけど、セカイノオワリの皆さんの家にあるものと同じ物です。」と紹介。

 

「ベンジントン ソファ」は、お値段なんと¥529,200。

 

「リビングが一気にアートな空間になる、パッチワークの美しいソファ」

一人掛けソファ「ANNE CHAIR」はお値段¥160,000。

過去に、ヒカキンTVで「セカオワハウス」を訪れたヒカキンさんの姿が確認されていますので、もしかしたらその時に気に入ったのかもしれませんね。

 

ヒカキンTVで「セカオワハウス」を訪れたヒカキンさん。

Hikakin TV🎤 #hikakin #hikakintv #rain #sekainoowari #session

Fukaseさん(@endoftheworld_sekainoowari_f)がシェアした投稿 -

深瀬さんのツイートで「セカオワハウス」のコンセプトについて紹介されています。こちらにHALOのソファが写っていますね♡

「セカイノオワリハウスです。コンセプトは「炎と森のカーニバルの管理人室」です。なので、窓の外は巨大樹があるし、カーテンは炎と森のカーニバルの地図になってます。」

英国生まれのアンティーク&モダン家具「HALO」とは

HALOは、全ての商品が職人さんの手作りで、伝統家具の再生を現代の芸術の域に高めていくことを目指している高級家具ブランドのようです。英国で設立され伝統(アンティーク)と革新(モダン)を兼ねあわせたオシャレな家具たちは多くの人々を魅了しています。

HALOの製品は全てが熟練した職人に手により、ハンドメイドで生産されております。1976年に英国で設立して以来、伝統(アンティーク)と革新(モダン)の絶妙なバランスを保つ製品を作るには、ヴィンテージ仕上げのレザー、鋲やステッチなど、細部までのこだわりが重要だと考えてきました。莫大な時間をかけてこだわりぬいた素材を自ら作り出し、伝統家具の再生(リプロダクト)を現代の芸術の域にまで高めていく―それがHALOの目指す【PERFECTION】です。
通販サイトより

都内だと、東京・恵比寿にあるインテリアショップ「SHOP ASPLUND」などでお取り扱いがあるようです。

大女優三田佳子さんは「それでお仕事になっちゃうの?」と驚き

VTRの最後にヒカキンさんがトイレを紹介。そこには「トイレットペーパー20年分買ってみた」という企画時に購入したという大量のトイレットペーパーが。VTRが終わるとダウンタウンの松本さんは「オイルショック」とツッコミを入れ会場には笑いが生まれていました。
また、ゲストに登場していた三田佳子さんは「それでお仕事になっちゃうの?」と驚愕。松本さんが「まぁ、頑張ればねというか、そういう着眼点でね」と説明するも、三田さんは「私たちなんて朝5時に起きてね、ご飯作って食べて、セリフ覚えて、一生懸命やって、ねぇうん…。」と納得がいかない様子でした。大女優さんには理解できない世界なのかもしれませんね。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.